「自然言語処理」査読要領

2010.1 言語処理学会 論文誌編集委員会
2011年5月1日 改訂
2012年9月10日 改訂
2014年12月19日 改訂
2016年3月18日 改訂

本要領は,学会誌「自然言語処理」への投稿論文(論文,技術資料,および解説論文.以下「論文」という)の査読の作業手順について,編集委員会,査読者,および著著の役割を定めたものである.なお,論文以外の投稿原稿と依頼原稿は担当編集委員1名が閲読し,必要に応じて著者に修正を求めた上で,編集委員会で採否を決定する.


1. 投稿の受理

編集委員会事務局(以下、事務局と略記)は,受付日と受付番号を記入した受領通知を著者に送付する.ただし,投稿に不備がある場合には,受理せずに返却する.また,編集委員会の判断によっては,以下に示す通常の査読過程を経ずに返却する場合がある.


2. 担当編集委員の決定

編集委員長は,論文を受理した後,担当編集委員1名を選ぶ.


3. 査読者の選定

編集委員長は,担当編集委員の推薦に基づき,査読者2名を選ぶ.2名の査読者の専門分野は異なることが望ましい.担当編集委員は査読者に論文1部を送付し,査読を依頼する.査読を承諾した場合,事務局は査読報告用紙を査読者に送付し,1カ月以内に査読結果を担当編集委員および事務局に報告する.査読者が依頼を辞退した場合,同様の手続きに従い,新たな査読者を選定して依頼する.


4. 査読

査読者は以下の評価項目に基づいて査読を行う.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会員の関心
言語処理学会の会員が関心を持つような話題を扱っているか?

信頼性
手法,実験設定,議論の展開などが論理的で信頼できるか?

有用性
学術的,工学的に有益であるか?

新規性
従来の研究と比較してこの論文の位置付けを明確にしており,新しい知見が得られているか?
ここでの新規性は,新しい技術,手法に限定しない.たとえば,言語資源の構築にあたっては基準や設計方針についての議論も含め読者にとって有益な知見があれば新規性があると判断する.また,既存手法をこれまでにない応用分野やデータに適用し,その結果についての考察によって新しい知見が得られていれば新規性があると判断する.

構成と読みやすさ
論文の構成が適切で,一貫性があり,あいまいな表現がないか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

査読者は以上の評価項目にしたがって査読をおこなった後,論文を以下の1つと判定し,必要に応じて付随意見および照会を査読用紙に記入し,担当編集委員に報告する.

A 採録
B 照会
著者に照会して回答または修正などを求め,改めて査読を行う.
B1 条件付き採録
照会は論文の本筋に影響しない部分的・かつ軽微なものに限る.
B2 照会後判定
誤り, 論旨不明, 疑問点, 論文としての形式不完全, 冗長, 追加記述の要など, 照会により改善の見込みが十分あり得る場合に限る.
C 不採録
以下の項に示す場合には,不採録とし,理由を付けて著者に返却する.
  1. 当学会の分野でない場合.
  2. 本質的な誤りがある,あるいは客観的に認知できない内容である場合.
  3. 内容の程度が低く,論文としての新規性,重要性がない場合.
  4. 他論文誌,雑誌に既発表,または公知の場合.定期刊行物(他学会協会,会社機関誌,商業誌など)に掲載されたものは既発表とするが,学会大会,研究会,シンポジウム,国際会議などの口頭発表に伴う資料については著作権所有者の許可を得ている場合に限り認める.
  5. 難解,形式不完全で改良される見込みがない場合.

5. 査読結果の扱い

担当編集委員は,査読者からの報告に基づいて以下のいずれかの措置をとる.

  1. 担当編集委員の採否判定を判定理由とともに編集委員会に報告する.
  2. 必要な照会事項をまとめて著者に照会する.

いずれの場合も必要に応じて両査読者と三者間での意見交換をおこなってよい.


6. 照会

照会の場合,事務局は照会の内容を著者に伝え,その回答を待って,査読者に再査読を依頼する.照会への回答は文書で行う.照会事項に関連して原稿に手を加える場合は,変更箇所と変更理由を明示するとともに,変更した論文も事務局に送付する.


7. 採否の決定

担当編集委員は,判定報告にあたり,論文の各版と査読報告を編集委員会に提出し,編集委員会において査読内容を説明するとともに,担当編集委員としての採否の判断をのべる.

編集委員会は,担当編集委員からの報告に基づいて論文の採否を決定し,事務局から著者に結果を通知する.採録の場合はさらに掲載予定を伝えて著者紹介を依頼する.


8. 氏名の非公開

著者に対しては担当編集委員及び査読者の氏名や所属を公開しない.


9. 著者からの連絡等

著者からの問合せや投稿取り下げの連絡は事務局に対して行なう.


10. 編集委員の論文

編集委員は,自分が著者である論文に関する議事には参加しない. 編集委員長が著者である場合は,副編集委員長が編集委員長の役割を代行する.


以上の手順の概要を下に図示する.

  投稿     担当決定    査読依頼  査読報告    I.判定報告
著者─→編集委員会─→担当編集委員─→査読者─→担当編集委員─→編集委員会
                    ↑   及び事務局      |
                    |         ↓       |
               再査読依頼|      事務局  採否通知|
                    |   II.照会↓       ↓
                   事務局←────著者      著者
                        回答